ワイヤーやブラケットを歯に固定させる矯正とは違い、自分で着脱が可能なマウスピース型の矯正装置です。厚みが薄く、色味は透明に近い装置なので、至近距離でも目立たず、矯正中であることが気づかれにくいのが大きな特徴です。マウスピース矯正はメーカーによって適した症例が異なりますが、インビザラインは比較的幅広い症例に対応することができます。
目立たず快適な、先進のマウスピース矯正の1つ。インビザラインの特徴である、目立たなさ、ストレスの少なさが、従来の矯正方法に抵抗のあった方にとって矯正治療へ踏み出すきっかけを与えます。日々多くの人と接する社会人や、人前に立つ場面の多い方、人生の大切なイベントを控えた方など、矯正治療のために見た目の印象が大きく変化してしまうことが困難な場合の選択肢として、インビザラインは選ばれています。
歯科矯正先進国アメリカで誕生
1997年、歯科矯正需要が非常に高いアメリカで誕生しました。見た目を気にせず矯正できる画期的な治療方法として広く普及し、現在では全世界で400万人以上が治療する非常に人気の高い矯正方法です。
治療完了までの歯の動きが見える
独自のクリンチェックシステムという術前シミュレーションにより、治療を受ける全ての患者様が、治療開始から終了までの歯の動きを、治療開始前に3D画像で確認することが可能でで、安心して治療に踏み切ることができます。
治療期間が正確に予測できる
治療終了までの全ての過程を正確にシミュレートできることで、治療開始前に、治療期間が正確に予測することができます。計画的かつモチベーションをもって治療に取り組むことができます。
オーダーメイド方式
精密検査で得られた3Dデータをもとに、患者様一人一人に合わせてマウスピースを設計。専門工場で専門技工士が、設計と治療計画に基づき製造。インビザライン治療の全過程のマウスピースが一度に製造されます。
幅広い症例に対応
独自のクリンチェックシステムの術前シミュレーションにより、治療完了までの歯の動きを正確に計画することで、マウスピース矯正では困難とされていた症例にも比較的幅広く対応することができます。
シンプルで安心な矯正方法
インビザラインの矯正装置(マウスピース)は、食事や歯磨きなど必要に応じて自分で着脱が可能なので、お手入れは普段通り。2週間ごとにマウスピースを自分で交換して治療を進めます。ドクターが定期チェックも行うので安心です。
1日17〜20時間装着
食事や歯磨きの時など、必要に応じて自分で取り外せる矯正装置を使用した矯正方法のため、しっかりとした自己管理のもとで1日17〜20時間の装着時間をキープする必要があります。
お手入れ
インビザラインの矯正装置は、自分で着脱するマウスピースタイプなので、取り外して洗浄することができ、お手入れは簡単です。
2週間ごとに交換
インビザラインは1つのマウスピースで約0.25mmずつ歯を移動させる設計になっており、理想の歯並びまで2週間ごとにマウスピースを交換していくことで治療を進めて行きます。
矯正医の定期チェック
1ヶ月〜2ヶ月ごとを目安にご来院いただき、次の段階のマウスピースのお渡しと、矯正医による定期チェックを行い、歯の動きの進捗状況を確認します。
見和歯科クリニック
院長 對馬 利基(TOSHIMOTO TSUSHIMA)
〒310-0911 茨城県水戸市見和2-246-1堤ビル3階
TEL.029-253-4782(ご予約制)URL http://www.miwa-dental-clinic.jp
・一般歯科(むし歯治療・歯周病治療・入れ歯治療)・歯科口腔外科・審美歯科・インプラント・ホワイトニング
診療時間
9:30〜13:00
15:00〜17:00
17:00〜20:00
×
※祝祭日は休診いたします。
※最終受付時間 19:30
※当医院は完全ご予約制となっております。お電話にてご予約をお願いいたします。
診療時間:9:30〜20:00(祝祭日休診)
お問い合わせ・ご相談はお電話またはメールフォームにて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
Copyright (C) 2015 MIWA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.